ずいたん地蔵


 昔、飛騨の滑谷(なべりだに)に爺さまと婆さまが蚕を飼って暮らしていた。二人とも大変心優しく、村はずれの地蔵さまには暇あるごとにお参りして貧しい中にもお供え物を欠かさなかった。ただ爺さまは長いこと胸を患っていて、いつもひどい咳に苦しんでいた。蚕が繭を作る季節になり猫の手も借りたいほど忙しくなったある日のこと、旅の僧が一晩泊めて欲しいと訪ねてきた。二人は喜んで迎え入れ、家の中にあるだけのものを出して蕎麦切りなどを作ってもてなした。その晩坊さまが床についてからも、二階からは二人が夜通し働く足音と、時々爺さまが苦しげに咳込む声が聞こえた。翌朝、坊さまは蚕に経を読んで加持を行い、二人に礼を言って家を出ようとすると雨が降り始めた。爺さまは笠を差し出したが、又激しく咳込んでしまう。見かねた坊さまは、お礼に咳を治して進ぜましょうと、爺さまに向かって経を読み加持を行った。すると咳はぴたりと出なくなり、深く息を吸うことが出来るようになったと喜ぶ爺さまが振り返ると、もう坊さまは笠を頭にのせて雨の中を去って行くところだった。やがていつもの年よりも立派な繭が出来上がり、繭分けも済んで二人は地蔵さまにお参りに出かけた。すると、なんと地蔵さまの頭にあの坊さまに差し上げた笠が乗っているではないか。二人は、泊まってくれた坊さまが実はこの地蔵さまだったことにようやく気がついた。今もこの地蔵さまは「ずいたん地蔵」と呼ばれ、喘息に悩む人々が遠くからもお参りに来るという。「ずいたん」とは、喘息のことである。

 江馬三枝子さん(未来社刊)の原作では、主人公は仁助という百姓で、その妻とじさま・ばさまというように登場人物が大勢います。(喘息がひどいのは勿論じさまです。)また原作では、坊さまが泊めて欲しいとやってきた時、仁助夫婦ははたと困ってしまったが、じさまとばさまがニコニコして迎え入れたというように書かれています。このあたり、お話をシンプルに分かり易くするために、爺さまと婆さまの老夫婦だけにしました。坊さまをもてなすために婆さまが拵えた蕎麦切りについて、「ナギ畑の粉で」とか「汁はめったに使ったことのない溜りを使い」などという表現があります。このあたりを詳しく解説できれば、いかにも貧しい中でありったけの御馳走をしてもてなしたという感じが良く分かって面白いところなのですが、それでは説明がくどくなってしまうので省略せざるを得ませんでした。(このあたりのバランスが、昔ばなしの本当に難しいところです。落語家の方達も同じ様なご苦労があるのではないでしょうか。)

 「まんが日本昔ばなし」では良くある手法ですが、動画はすべて筆で(製図用インクを付けて)描かれています。いろり端で猫が入って寝ているものは「猫つづら」とかいうものだそうで、何かの本で見付けて面白かったので使ってみました。この話にとりかかる前、先頃亡くなられた俳優の萬屋錦之助さんが「徹子の部屋」か何かの番組に出演され、(身体の筋肉に力が入らなくなるという難病から復帰された時だったと思いますが)回復してきて一番嬉しかったことはという質問に、深呼吸が出来たことと答えていらっしゃいました。健康体の私には思いも付かない答えだったので、深く印象に残っていました。爺さまの喘息が治るシーンの演出でその事を思い出し、坊さまに促されてゆっくりと深く息を吸った爺さまが、深呼吸しても咳が出ないといって涙を流して婆さまと喜び合う場面が出来ました。ところで喘息のことを「ずいたん」というのは、現在の岐阜県吉城郡あたりの方言だそうです。

演出:三善和彦

原動画:三善和彦(&BOB ANIMATION FILM)

美術(背景):長尾仁

文芸:沖島勲

昭和60年3月23日放映


   

画像および文章の無断転載・無断使用は禁止します.
Copyright(C)1997,Kazuhiko Miyoshi All Rights Reserved.
 尚「まんが日本昔ばなし」の画像についての著作権は愛企画センターが有しています。