川を流れた月見草


 昔々のある夏のこと、来る日も来る日も暑い日が続き、とうとう我慢ができなくなった津山の殿様は、吉井川の川原へお忍びで夕涼みに出かけた。そこに一面に咲いていた月見草を一目で気に入った殿様は、全て一夜で城に移し変えるよう家臣に命じた。順繰りに上から下ってきたこの命を受けた平平左衛門(たいらひらざえもん)は、やむなく百姓町人をかり集め、一晩中かかって川原の全ての月見草を城内に移したが、その後には無惨に荒れ果てた川原が残った。翌朝上機嫌で目覚めた殿様が庭を見ると、夜にしか花を咲かせない月見草は赤茶けてしぼんで見えた。腹を立てた殿様は花を捨てるように命じ、この命令もまた順送りに平左衛門のところにきて、平左衛門はせっかく運んだ月見草を川に投げ捨てるしかなかった。幾日かが過ぎて相変わらず蒸し暑い日が続き、再び殿様を夕涼みに連れていくこととなったが、荒れ果てた川原につれて行く訳にもいかず、今度は平左衛門に適当な場所捜しが命じられた。平左衛門は足を棒にして捜し回った。しかし日暮れ時になってもそんな場所は見付からず、何時しか平左衛門は吉井川を遥かに下った八出(やいで)の方まで来てしまっていた。そこで平左衛門が見たのは、なんと一面に川原を埋め尽くして咲き乱れる月見草だった。それは先日川に捨てられたものが流れ着き、根を下ろしたものだったのである。平左衛門は月見草に抱かれるように身を横たえ、一時心安らぐ思いに浸るのだった。それ以来、元の川原には一本の月見草も咲かなかったという…。

 原題は「Where have all the flowers gone」…というのは冗談ですが、稲田浩二さん(未来社刊)の原作の中心にあるのは我侭放題の殿様です。物語は殿様の命令で川原が掘り返され、すぐに捨てられる羽目になった月見草が八出の川原に流れ着き、それ以来八出の川原は月見草で埋まり、一方元の川原には一本も根付かなかったという形で終わります。ですから平平左衛門などという人物は登場しません。これは私が(夕刊の連載まんがの主人公のような)最下級武士の代表的人物として創作した人物です。(それでこんな名前を付けたのですが、因みに彼に命令を下す上司は、平より上だということで上田という実に安直なネーミングです。)

 月見草というのは一般には待宵草などの総称で、江戸時代の末期にアメリカ大陸から渡来したものだそうです。そうした時代背景を念頭に置いてこの物語を読み直してみると、一見単純な話の中に深い意味が隠れているような気がしてきます。そこで江戸末期から明治初期にかけての津山藩の歴史を詳しく調べてみました。細々と書くと切りが無くなるのでやめますが、幕末には藩内が勤王佐幕の両論に真っ二つに割れ、大騒ぎになった様子が分かりました。当時は殆どの藩が同じような状態だったのでしょうが、背景には400年間の硬直化した体制と、(現代にも共通する)事勿れ主義の官僚体質があったのではないでしょうか。そこでこの物語を(殿様による)環境破壊という問題だけでなく、(殿様を取り巻くイエスマンたちの)官僚的体質批判というテーマで演出することにしました。(時代が幕末だということは敢えて省略しました。テーマは普遍的なものですし、それでこそ昔話としての価値を持つからです。)最下級武士は400年間昇給が無かった訳ですから、その生活は困窮を極めていたそうで、平左衛門の場合も長屋の庭先で野菜を作り、妻も針仕事の内職に精を出して、殆ど傘張り浪人と変わらないような暮らし振りです。一方無能な中間管理職どもは、いつも無理難題を順送りに平左衛門のところに持って来ては、押しつけていってしまいます。例え薄給でも貰えるだけマシとはいっても、平左衛門のような立場はさぞやりきれないものだったでしょう。そうして生まれたラストシーンが下の絵で、ここで平左衛門は、しみじみと自分も月見草のようになりたいと独白するのです。

演出・原画:三善和彦

美術(背景):安藤ひろみ

文芸:沖島勲

昭和61年8月9日放映


   

画像および文章の無断転載・無断使用は禁止します.
Copyright(C)1997,Kazuhiko Miyoshi All Rights Reserved.
 尚「まんが日本昔ばなし」の画像についての著作権は愛企画センターが有しています。