お浪草


 昔々、岐阜県柿野、西洞のミツボリ山には主が住むと云われていた。その麓の村に、お浪という大層美しい娘がいた。お浪は源三(げんざ)という村の若者を好いており、二人の仲は誰もがうらやむ程だった。ある者は二人を「あんまり仲良うしとるとミツボリ山の主がやきもち焼くぞ。」などとからかったりした。二人は夫婦になる約束も交わしていた。泊まり込みの山仕事が続き、帰って来た源三が久しぶりにお浪に会うと、お浪の顔はばかに青ざめていた。心配する源三に、お浪は突然暫くの間会わないで欲しいと言う。源三はそれ以来お浪に会えなかったが、お浪の両親は毎夜源三がお浪の部屋に来ていると思っていた。ある晩とうとう源三はたまりかねてお浪のところへ行くと、障子に竜の姿が写った。源三は仰天して逃げ帰ると、布団を被って震えていた。翌朝になってお浪がいないと大騒ぎになり、源三を始め村人総出で捜し回った。道端に落ちているお浪の手ぬぐいや櫛を辿っていくと、いつしかミツボリ山に入り、大きな穴の脇にお浪の草履があるのが見付かった。源三は必死にお浪の名を呼ぶが、穴の中からは水の流れる音に混じって、かすかに女のすすり泣く声が聞こえるばかりだった。三十五日後、お浪は源三の夢枕に現れると源三との思い出を胸に主の元で暮らすとだけ告げて消えてしまう。それから暫くミツボリ山の辺りをフヌケの様に歩き回る源三の姿が見られたが、それもいつしか消えてしまった。やがてミツボリ山から中又洞にかけて、お浪の辿った道沿いに白い花が咲くようになり、誰言うとなく「お浪草」と呼ばれるようになった。

 これは現在の岐阜県山県郡に伝わる話であるという意外、詳しいことは良く分かりません。私が頂いた原作の写しには、一川鉄夫さんという方の名が書かれていますので、この方が採話されたものだと思いますが、実は過去担当した中で最も長い原作でした。会話も多く、通常原作を膨らませるのが仕事のようなものなのですが、この話だけは整理して削るのが仕事になりました。とは言っても、削ったのは説明が冗長に感じる部分などだけで、全体の印象は原作そのままです。特に最も面白く感じた場面、毎晩源三が来ていると思いながら少し妙だと感じているお浪の両親の会話などは、殆ど原作通りです。昔話の中にはこの話に近い所謂類話が沢山ありますが、それは突然消えた行方不明者について、残された人々が自らを納得させるために作った物語だったのかも知れません。そうした人々の思いが、物語という形になることによって現代にまで伝わるようなってしまうのですから、昔話というのはすごいものだと思います。

 絵は殆ど草木染の和紙を使った貼り絵ですが、「鶴の屋敷」とは異なりちぎり絵ではありませんし、殆どのカットは止め絵です。動きらしい動きがあるのは唯一、主がお浪の部屋に来ているのを源三が目撃するシーンだけです。物語も殆どが常田さんのナレーションが中心で、こうしたものの延長上に「名作をテレビで読む〜絵本〜『快走』」があります。実はこの話をやる少し前に、「まんが日本昔ばなし」の演出家の大先輩三輪孝輝さんから「三善君は恋愛ものはできないだろう。」と言われ、何糞と思って是非恋愛ものをとリクエストして担当させて頂きました。そうした動機で、喜び勇んで取り掛かったものですから、はたして上手くいったのかどうか良く分かりませんが、今見ると、前半の源三とお浪が仲むつまじくしているシーンなどは、どうも気恥ずかしいものがあります。

演出・原動画・セルワーク・美術(背景):三善和彦

文芸:沖島勲

昭和62年9月12日放映

 


    

画像および文章の無断転載・無断使用は禁止します.
Copyright(C)1997,Kazuhiko Miyoshi All Rights Reserved.
 尚「まんが日本昔ばなし」の画像についての著作権は愛企画センターが有しています。