琴塚


 昔、宮崎県延岡の東海(とうみ)に一人の山姥が住んでいた。赤茶けた髪を長くたらした山姥は、色の白い小さな女だった。山姥は山の崖っぷちに横穴を彫って暮らしていたが、この横穴にはお膳やお椀が沢山あり、村人達は祝い事や葬式の度にこの山姥のところへ借りにいった。山姥はいつでも頼んだだけのお膳とお椀を出してくれたが、何をするにも後ろ向きで決して顔を見せる事はなかった。ある婚礼の後の居残りの宴会で、このことが話題に上った。始めのうちは山姥への感謝の気持ちを話していた村人達だったが、次第に山姥の顔への好奇心がむき出しになってくる。そんな会話に苛立った源太という若者が、酒の勢いもあって「俺が山姥の顔を見てきてやる」と言って出て行き、実は好奇心が押さえきれなくなっていた村人達も後を追った。山姥の穴の前に来た源太は「膳と椀を返しに来た」と言い、それを受け取ろうとした山姥の手を掴んで思いきり引っ張った。途端にすさまじい地響きととともに雷光のような眩い光。恐れおののいて「手を放せ」と叫ぶ村人達の叫び声に耳も貸さず、源太は山姥の頭を掴んでグイッと振り向かせた。その顔を見た瞬間、源太は恐怖で吹っ飛ぶ。地鳴りも収まり、駆け寄った村人が声をかけるが源太はまるで腑抜けの様になっていた。恐る恐る穴の中を覗いてみても、中はもぬけの殻で山姥はおろか膳も椀も何もなかった。ただ、何処からか琴のような悲しげな響きが聞こえて来るだけだった。
 山姥はそれ以来二度と姿を現さなかった。村人達はこの小さな山のことを、琴塚と呼ぶようになったという。

 宮崎の伝説(日本標準刊)からの比江島重孝さんの原作では、一人の乱暴な若者(名はない)が引き起こした事件というトーンで描かれています。ですから村人達は「山姥はえらいべっぴんじゃなが」とか「べっぴんなら顔を見せればいいっに」などと噂はするものの、皆で若者の無茶を止めようとするし、誰も若者の後について行くようなことはしません。でもこれではいかにも一人に責任全部をおっかぶせたような居心地の悪さを感じます。実際誰も見たことのない山姥の顔を「えらいべっぴん」などという村人の話は誠に無責任ですし、本当は誰もが興味津々だったのではないかと考えたのが脚色のポイントでした。是非源太の行動にも一面の正当性を持たせたかったのです。又原作では、若者は山姥の顔を見る前に手を掴んだだけで地響きに驚いて逃げ帰って来てしまいますが、そこに至る物語が山姥の顔について引き絞れば絞るほど、顔を見せないでは済まなくなってしまいます。このシーンについて要約した文章にすると、誠につまらなくなってしまうので「あらすじ」では敢えて省きましたが、本編では顔が見えています。

 まんが日本昔ばなしで小林治さんが演出された作品で、時々殆ど台詞だけで構成されたものを見ます。ナレーションはせいぜい頭と結びだけ。緻密に書き込まれたシナリオで、重厚な舞台劇のように物語が進んでいくのです。一度そうしたスタイルに挑戦してみたいと考えていた私にとって、「琴塚」は絶好の素材でした。場所も家の中と山姥の穴の前の二カ所だけ。大げさに言えばシドニー・ルメットの「十二人の怒れる男」を目指して(目指しただけですから大目に見て下さい)ワープロに向かいました。直線的な若者源太に加え、全てを見通しているような長老を登場させ、最後に源太を責めようとした村人に向かって、誰も源太は責められんと諌めます。かなり整理したものの、それでも前半の会話劇では台詞が多く、常田さんと市原さんに相当忙しい思いをさせてしまったようです。

演出・原画:三善和彦

美術(背景):阿部幸次

文芸:沖島勲

昭和63年10月15日放映

 


   

画像および文章の無断転載・無断使用は禁止します.
Copyright(C)1997,Kazuhiko Miyoshi All Rights Reserved.
 尚「まんが日本昔ばなし」の画像についての著作権は愛企画センターが有しています。