雷さんのドンチャン騒ぎ


 昔々ある所に、器量のいい娘ばかり揃って大繁盛している料理屋があった。店の評判はとうとう雲の上の雷さん達の所まで届き、自分たちも行こうと思った雷さん達は、下界に下りてきた。最初に会った百姓に店の場所を聞いた雷さん達だったが、店に行くには銭っこが要ると言われても何のことやら分からない。言われるままに料理屋の隣の質屋に行って、銭貸してけろと言ってみたものの、質草は何だと聞かれてこれまたちんぷんかんぷん。質屋の説明でようやく分かった雷さん達は、太鼓を預けて三両貰うと、勇んで店にやってきた。こうして始まった宴会だったが、これが飲めや歌えの大騒ぎで、しかも夜も昼もなく果てしなく続いた。料理屋はたった三両で幾日も飲み食いされ、娘達は休む間もなくヘトヘトになり、隣の質屋はうるさくて眠られず、更に雷が空を留守にしてしまったので夕立がさっぱり降らなくなって、百姓達までが大弱り。皆で話し合って、太鼓を返すから帰って貰えるように頼んでみようということになった。ところが太鼓を恐る恐る差し出して話し出そうとすると、雷さん達その太鼓でもういっぺん質屋から銭借りてきて更に宴会を続けようと言い出し、皆大慌てとなった。まさにその時、一人の娘が歌にのせて、巧みに雷さん達に雲の上を思い出させた。これでようやく気が付いた雷さん達は、突然の稲光と共に天に帰っていった。その晩から再び雷が鳴って夕立が降るようになり、畑の作物もすっかり元気になった。料理屋も、雷の来た店というので益々繁盛したという。

 「遠野の昔話」からの加藤瑞子さんの原作では、雷達は自分から太鼓を質に入れに行きます。ここは下界のルールを知らない世間知らずの雷達が、それ故に楽しさに我を忘れて長居をしてしまうというような形にするために、お金の意味すら知らない雷達にしました。その結果巻き起こる大騒動も、原作をかなり誇張しています。(質屋を料理屋の隣に設定し、騒音で質屋の親父も眠ることができなくなったりさせました。)ところで原作は「雷の女郎買い」という題名です。ですから雷達が訪れるのもただの料理屋ではなく、遊女屋です。ここら辺は番組の性格上アレンジせざるを得ませんでしたが、こうして「まんが日本昔ばなし」に加えられるのは良い方で、性には元来おおらかな日本人ですから、この時間帯では無理としても、とても面白い話は実は沢山あったのです。1クールで良いですから、夜11時くらいから「おとな日本昔ばなし」みたいの、どこか放送してくれません?

 この作品は、次の「お浪草」同様、殆ど紙芝居です。動いているのは雨や雷など、ほんの僅かに過ぎません。全ての絵は私が筆ペンで描き、それをコピーした物に渋谷さんが彩色しました。淵が滲んだようにぶれていますが、本当に滲む紙を使うと、望み通りに滲むわけではないのでかえって難しくなります。これは全て滲まない紙に線をふるわせて描いた物です。それで独特の味を出そうとしたのですが、お陰ですっかり腱鞘炎になってしまいました。当時は昼食に食べるカレーライスのスプーンまで重く感じられ、それ以来時々飛び出してくるやっかいな持病になってしまいました。ついでながら「パソコン通信春夏秋冬」のイラストは、これを見たスタッフからああいうタッチで描いて欲しいとリクエストされて描いた物です。

演出・作画:三善和彦

美術(彩色):渋谷幸子

文芸:沖島勲

昭和62年8月1日放映


   

画像および文章の無断転載・無断使用は禁止します.
Copyright(C)1997,Kazuhiko Miyoshi All Rights Reserved.
 尚「まんが日本昔ばなし」の画像についての著作権は愛企画センターが有しています。