NHK-BS2で、平成8年1月7日(日)23:55〜0:20放映

 この番組は、日本の主に純文学を、多彩な顔ぶれによる朗読と、一作品あたり百枚近くの挿入画(アニメーションではありません)、それに一話毎に作曲された音楽によって伝えていこうとしたもので、NHKの衛星放送で3年間に渡り放送されました。
 私が担当したのはこの一作品だけでしたが、今でももっと沢山の話を描きたかったと思っています。

 話の内容は、こんな所で私が要約して書くよりも、原作をお読み頂いた方が良いでしょうから敢えて書きません。(25分番組ですから勿論短編です。)手法は、全て草木染め・むら染めの和紙による貼り絵です。画面が横長なのは、ハイ・ビジョン用も制作されたからです。BS-2ではこの画面の左右が少し欠けた構図で放映されました。

 これまでに同じ手法で沢山の貼り絵を作ってきました。でもフィルムになったものや印刷されたものを見て、原画の微妙なディテールが再現できていないことにガッカリすることが多かったのですが(勿論、このホームページ上の小さなJPEG画像などは問題外に再現性が低いのですが)、ハイ・ビジョン撮影に立ち会った時に見たモニター画面には大満足でした。今までに見たものの中で、ひときわずば抜けて忠実に再現されていたのです。

企画:中田実紀雄
構成・作画:三善和彦
朗読:大桃美代子
作曲:田ノ岡三郎

 尚、この作品は他の60作品と共にビデオ化され、全30巻の「名作ビデオ絵本」として、現在毎日EVRシステムより販売されています。


画像および文章の無断転載・無断使用は禁止します.
Copyright(C)1996-97,Kazuhiko Miyoshi All Rights Reserved.