月夜の果報者


 昔、あるところに作太とおかじという夫婦が住んでいた。亭主の作太は根っからの怠け者で、二人の暮らしは一向に楽にならなかった。そんなある日、女房のおかじが寺の和尚から「果報は寝て待て」という言葉を聞きかじってくる。それを聞いた作太は、明くる日から一日中何もせずに寝て過ごすようになった。始めのうちはあまり気にせず一人で渋々働いていたおかじも、一年経ち、二年経つうちに、段々腹が立ってきて、和尚のところへ文句を言いに行った。ところが和尚はニコニコと「果報が来るよう仏さんに頼んでやろう」と言うばかり。とうとうアホらしくなっておかじも働くのを止めてしまった。それから一年程経ったある夜のこと、壊れかけた天井窓から覗いた月を見て、作太が飛び起きた。なんと月で兎が餅をついているのが見えるではないか。おかじをたたき起こして調べたが、作太の家の天井窓から見なければ、決して兎の餅つきは見えなかった。噂はあっという間に村中に知れ渡り、やがて「作太の家の天井窓から月の兎の餅つきを見た者は果報者になる」などと話が変わっていくに従って、大勢の人間が作太の家にやってきては、お礼の金をおいていくようになった。こうして大金持ちになった作太とおかじは、もっと大勢に見せられるようにと沢山の天井窓を付けた大きな家に建て替えた。ところが、どういう訳かそこからは二度と兎の餅つきを拝むことができなかった。屋敷は見る間に荒れていき、困った二人は和尚を訪ねた。和尚は相変わらずニコニコと、二人に「人間欲をかくと果報者が阿呆者になる。」と諭すのだった。

 原題「果報は寝て待て」という垣内稔さん(未来社刊)の原作では、作太に仕事を止めて寝ているように勧めるのはおかじです。また、最初から夫婦揃って働くのを止めてしまうことになっています。しかしそれで何年も過ごせるというのは、最初から貧乏な作太夫婦にとって少々非現実的な感じがします。それにおかじの人の良さを表現するには、寝ている作太の横で一人で働いていた方がいいように思いました。おかじまで寝てしまってからは、せいぜい一年が限界でしょう。また原作ではおかじに怒鳴り込まれた寺の和尚さんが「すっかり参って」しまうのですが、ここはあくまでも泰然自若とした和尚さんにしました。それでこそ最後の台詞が効いてくると思うのです。因みに常田さんがこの台詞を実にゆったりと話して下さり、更にその後に「フッ」というような何とも言えない声があって和尚さんが微笑むので、ただの駄洒落のような台詞が、暖かな余韻を含んだ実にユーモラスなシーンになりました。

 この作品も演出、作画、背景から彩色まで、殆ど自分一人でやった作品です。キャラクターは和紙のちぎり絵で、極部分的に表情や指先などだけセル絵の具で描いてあります。一人二人なら楽なのですが、大勢の村人が作太の家に押し掛けるシーンは大変でした。背景もむら染めの和紙に刷毛でタッチを付け、粕を漉き込んだ和紙と組み合わせて作った貼り絵です。兎の餅つきの部分は鉛筆で描いた動画ですが、そのままだとコントラストが強すぎるので、セルに付いている薄紙をのせて撮影し、少しぼけた感じを出しています。(色々な素材を試してみたのですが、結局一番身近な物が一番良かったという、よくあるパターンの結果でした。)

演出・原動画・セルワーク・美術(背景):三善和彦

文芸:沖島勲

平成4年7月4日放映

  


   

画像および文章の無断転載・無断使用は禁止します.
Copyright(C)1997,Kazuhiko Miyoshi All Rights Reserved.
 尚「まんが日本昔ばなし」の画像についての著作権は愛企画センターが有しています。