ふしぎなひょうたん


 昔、ある浜辺の村に子供の居ないお爺さんとお婆さんが住んでいた。ある日お爺さんが海での魚釣りから帰ってくると、お婆さんが松原で赤ん坊を拾ったと言う。しかしお爺さんは親が心配しているに違いないと言い、次の朝二人は赤ん坊を連れて松原へ行ってみた。だが日が暮れるまで待っても、又翌日から幾日も続けて行ってみても、親は現れなかった。二人はこの子を神様から授かったのかも知れないと考え、鯱丸(しゃちまる)と名付けて大切に育てることにした。
 こうして二人に可愛がられて鯱丸はすくすくと育っていった。ところが5歳になったある日、鯱丸は突然姿を消してしまう。二人は必死になって捜したが、鯱丸を見付けることはできなかった。その晩松原で泣く赤ん坊の夢を見た二人は、居ても立っても居られずにまだ暗い内に松原に行ってみると、昔お婆さんが鯱丸を拾ったところにひょうたんがひとつ落ちていた。これも何か鯱丸に縁のあるものだろうと家に持ち帰った二人が栓を取ると、なんと中から鯱丸の声がして小判が一枚飛び出してきた。二人は鯱丸の声が聞けるのが嬉しくて、何度も栓をしては抜くのを繰り返すと、たちまち家の中には小判の山ができた。お爺さんはこの大事なひょうたんがネズミにかじられでもしたら大変と、紐で縛って天井からぶら下げた。ところが二人が寝てしまった夜中に、泥棒が小判を盗みに入ってきてしまう。泥棒は小判を全部風呂敷に包んでしまうと、ぶら下がったひょうたんに気が付いて、酒でも入っているのだろうと栓を抜いた。途端に「誰だ、誰だ!」という鯱丸の大きな叫び声がひょうたんから飛び出し、泥棒はびっくりして小判を置いて逃げていってう。目を覚ました二人は、鯱丸に守られていることに安心して再び安らかな眠りに就くのだった。
 それからもお爺さんとお婆さんは、鯱丸の声が聞きたくなるとひょうたんの栓を抜いた。そして出てきた小判は困っている人にも分け与え、大切に使ったという。

 この話は「うどんと殿さま」同様、原作と演出の間にプロットがありました。西川司さんが書かれたプロットは徳山静子さん(未来社刊)の原作をかなりアレンジしており、私の演出した最終形もこれを継承した形です。原作では、鯱丸は5歳になった時自ら家を出ていきます。また二人が松原に行って見付けるのはひょうたんだけでなく、小さな箱があって小判はそこから出てきます。それにひょうたんからは最初何も聞こえないのが、途中から「誰だ、誰だ」という(鯱丸とは書いていない)声が出始め、泥棒が失敗したのはその栓を抜いたことではなく、声が出て気付かれないように栓をしておいたのを、家を出る時元に戻そうとして抜いたら溜まっていた声がいっぺんに出て、目覚めた二人につかまってしまったというようになっています。これらのアレンジは、全てプロットの段階でのものです。私がしたのは、鯱丸が成長していく姿とそれを暖かく見守るお爺さんとお婆さんの姿を丹念に描いたこと(お爺さんが小さな鯱丸をあやすのに風車を使い、やがてそれを持って元気に走り回っていた鯱丸が居なくなった時、ぽつんと風車が落ちているというように描きました。最後にお爺さんがひょうたんを吊るした時も、そこに風車を添えています。)と、鯱丸が二人を呼ぶとき「お爺さん、お婆さん」と言っていたのを「ジジ、ババ」と変えたことくらいです。

 スペシャルを除けば、シリーズでは最後の作品です。(少なくともこの時点では、この後スペシャルがあるとは思っていませんでした。)以前からプロデューサーの関昭さんやCDの小林三男さんから、私の作品は良く言えばシャープ、悪く言えば都会的に洗練され過ぎているという批評をされていました。最後の作品となって考えたのは、いっそ思い切りシャープな絵作りに徹してみようということでした。そこで御覧のような極端に省略されたキャラクターとシンプルな画面が生まれました。ただし動きはできるだけ丁寧に、情感が伝わるような細かい演技が必要です。そこでアニメーションの原点に戻ろうと、全動画一枚一枚に至るまで全て自分一人で描くことにしました。特にあどけない鯱丸の動きなどは、(自分の子供も小さかったこともあって)かなりこだわって描いたつもりです。でもこうして静止画像にしてしまうと、その辺りがさっぱり伝わらないことにもどかしさを感じます。

演出・原動画・美術(背景):三善和彦

文芸:沖島勲

平成6年4月9日(TBSは4月16日)放映

  


  

画像および文章の無断転載・無断使用は禁止します.
Copyright(C)1997,Kazuhiko Miyoshi All Rights Reserved.
 尚「まんが日本昔ばなし」の画像についての著作権は愛企画センターが有しています。