ごんぞう虫


 昔々、あるところに太郎という男の子が病気の母親と二人で暮らしていた。太郎は毎朝しじみを売って貧しい家計を助けていたが、二人の暮らしは大層貧しく、母の薬も満足に買うことができなかった。太郎は大金持ちの権造伯父に頼み込んで百文の金を借り、母に僅かばかりの薬を飲ませた。それからせっせと働いて、ようやく百文こしらえた太郎が権造に返しに行くと、権雑は百文について五百文の利息を要求した。太郎は必死に働いたが、とても返せる金額ではなく、更に利息は増えて行くばかりだった。薬も無くなって年の瀬が迫り、困った太郎が再び権造の家に金を借りに行くが、にべもなく断られてしまう。ガッカリして帰る途中の橋の上で、太郎は白髭の老人から一本足の下駄を手渡された。老人は、その下駄を履いて一転びすると小判が一枚出るが、あまり転ぶと体が小さくなるから気を付けろと言って消えてしまう。早速家に返った太郎が下駄を履いて転ぶと、老人が言ったとおりに小判が一枚飛び出した。太郎は三回転んで小判を三枚手にすると、下駄を神棚に祭った。ところがたちまちこの噂を聞きつけた権造が、太郎のいない間にこの下駄を持っていってしまった。権造は庭一杯に風呂敷を敷き詰めると、無我夢中で転びまくった。慌てた太郎が権造の家に駆けつけると、庭一杯に光輝く小判の山があるだけで、権造の姿は何処にもなかった。やがて小判の山から下駄を見付けた太郎が、鼻緒に付いた小さな虫を指で弾き飛ばした。実はそれがすっかり小さくなってしまった権造だったのである。

 稲田浩二さん(未来社刊)の原作との唯一の違いと言っていいところは、権造が五百文という法外な利息を要求するところです。原作ではこうした場面はなく、太郎は最初に借りた金も返せないうちに二度目の借金を申し込んで断られます。これでは太郎の側について弱点が生じてしまうように思いました。少なくとも一度借りた金を返せるように一生懸命努力したという事がないと、太郎の立場に100%同情できなくなってしまいます。それに権造の意地の悪さ、強欲なところももっと際立たせたかったので、こうした形に演出で変えました。この話は、「まんが日本昔ばなし」初期の、小林三男さん演出の「宝の下駄」の類話です。「宝の下駄」は遥かに明るいトーンで、あっけらかんとした雰囲気で物語が進行していきます。それが本来の「まんが日本昔ばなし」のタッチだったと思うのですが、長い間に番組全体のトーンも変化してきたという事もあると思います。二つを見比べてみることができたら、面白いと思います。

 この作品も、絵作りについては殆ど自分一人でやった作品です。キャラクターの描線は、製図用インクで描いた動画を通常のアニメーション同様カーボンでセルに写し取った物ですが、色はセル絵の具ではなく、草木染の和紙を切って一枚下のセルに貼った物です。(太郎の頬や権造の目の下の赤みは、この和紙に赤鉛筆でぼかしを入れました。)従って枚数が自動的に二倍になってしまうため、セル重ねには気を使いました。背景も草木染と粕を漉き込んだ和紙の貼り絵で、細い線の部分だけポスターカラーで描いてあります。なお、白髭の老人が登場するシーンだけ、特殊な和紙を使って少し幻想的な背景にしました。

演出・原動画・セルワーク(彩色)・美術(背景):三善和彦

文芸:沖島勲

平成2年8月18日放映

 


   

画像および文章の無断転載・無断使用は禁止します.
Copyright(C)1997,Kazuhiko Miyoshi All Rights Reserved.
 尚「まんが日本昔ばなし」の画像についての著作権は愛企画センターが有しています。