生誕100周年記念番組「銀河鉄道の夜〜宮澤賢治の世界を探る〜」は、サンシャイン・プラネタリウム、神戸市立青少年科学館・つくばエキスポセンタープラネタリウム・島根県立三瓶自然館の四館共同製作で、平成8年の夏休み期間中それらの四館で投影されていました。
 この物語ほどプラネタリウム向きの話はないと思いますが、平見修二さんの脚本は原作のストーリーをただなぞるようなことはせず、鍵になるシーンを辿りながら物語の裏に隠された賢治の真意に迫っていきます。

 制作:(株)トマソン

 実はプラネタリウムで「銀河鉄道の夜」を描くのはこれが始めてではありませんでした。ですから最初お話があった時には、全く新たなジョバンニやカンパネルラを描けるかどうか自信が無く、些か躊躇しました。でも取り組む上でこれ程やり甲斐のある物語もありません。大勢の方が賢治の世界を描いていますが、ジョバンニやカンパネルラをはっきりとした輪郭を持ったキャラクターとして描いている方は殆どいません。多くの方たちは、抽象的な表現に止めているようです。漫画家のますむらひろしさんの場合も、キャラクターを猫にするという、ある意味での抽象化で成功したものと思います。賢治の世界を絵で表現するときに、誰もがこの「描き込みすぎない」事に気を使います。でもそのあまり絵の中での登場人物達が、時に影の薄い存在になってしまっているようにも感じていました。私がアニメーション出身だからかもしれませんが、ジョバンニやカンパネルラを、生き生きとして豊かな表情を持った少年として描くことはとても必要なことのように思われました。(それは同時に、多くの人から「こんなのジョバンニじゃない。」などと言われるであろう事を覚悟しなければならないということですが。)結局過去の作品を頭の中からぬぐい去って、新たなジョバンニやカンパネルラを和紙の貼り絵で表現しました。汽車やその他の物も全て同じ手法で描いてあります。


画像および文章の無断転載・無断使用は禁止します.
Copyright(C)1996-97,Kazuhiko Miyoshi All Rights Reserved.